こだわりの健康食品とパンケーキ

普段の食事で取り入れ

健康食品と聞くと薬局やドラッグストアでサプリやドリンクに加工された食品ではないかと考える人は多いのではないでしょうか。
健康食品として販売されているものには特に定義はなく健康によいとしている食品を示します。
サプリメントやドリンクに加工して必要な栄養を効率よく摂取できるものも、普段の食事で不足しているぶんを補うのにはお勧めです。

しかし、普段の食事の中には健康食品と言っても過言ではない食品がたくさんあります。
例えば、ご飯のお供として小鉢で出される納豆やキムチが挙げられます。
どちらも好みが分かれますが、納豆もキムチも好きな場合は、両方を混ぜて納豆キムチにするとそれは、栄養バランスのとれた健康食品になります。
キムチには血圧とコレステロールを下げる役割があります。
血行促進や肥満予防などの効果もあり単品でも積極的に食べたい食材です。
また、納豆は、骨を強くし肥満を予防する効果があります。

単品でも優れた栄養がある食材を組み合わせると更に効果が期待できます。
血液をサラサラにして、体内の老廃物を出し、骨を強くする食材と知ると1日1食には取り入れたいと思うのではないでしょうか。
キムチも納豆も食品を扱うスーパーならどこでも簡単に手に入れることが出来る食材です。
値段が高く贅沢な食材ではないので、毎日食べても負担にならない価格で手に入れることが出来るのも魅力です。

納豆キムチを小鉢でそのまま食べても美味しいですが、卵やのりを加えてどんぶりにしたり、ごはんとネギと卵を加えてチャーハンにしたり、パスタにからめたりと料理のレパートリーも増えます。
辛味が苦手な人は卵に混ぜてオムレツにすると食べやすくなります。
また、例えば納豆キムチ丼にとろろと生卵をのせて「血液サラサラスタミナどんぶり」などネーミングを考えるのも楽しいのではないでしょうか。
毎日の食事を少し見直すことで、摂取する栄養を意識することが出来ます。
少し視点を変えるだけ食事が楽しくなるのではないでしょうか。